• トップ /
  • 葬儀の費用は明瞭になっています

葬儀は分割払いにできる

葬儀の費用は明瞭になっています

予算にあった葬儀をしよう

葬儀はかつては親族のほかに会社関係者や友人といった人を招いて行われる一般葬が主流でした。しかし今では親族関係者のみで執り行われる家族葬が多くなっています。その理由としては核家族化や実施する負担などが考えられますが、最も大きな理由は費用面を挙げることができます。葬儀にかかる費用については様々なものがあります。式場の使用料、祭壇代や位牌代、棺代など多種多様なものがかかってきます。このため以前はそういった費用をかなりあいまいにして不明確とすることが多く見られました。しかし今では内訳を明瞭に示す葬儀会社が多くなっています。何にどれくらいの費用がかかるのかを1つ1つ明示して分かりやすく見積書を提示してくれます。どういったものが見積もりに含まれていて、どういったものが含まれていないのかが容易に判断できますので、後になって追加で請求してくるといったケースは少なくなっています。費用は場所や葬儀会社によって多少異なりますが、概ね一般葬であれば約150万円、家族葬であれば約70万円程度となります。このように家族葬が比較的安価で実施が可能なことから、多くの人が家族葬を利用しています。支払いは現金一括払いが一般的ですが、ローンによる分割払いにも対応してくれる葬儀会社も多くあります。1年間の分割払いや3年間の分割払いなど、予算状況に応じた支払方法を選択することができます。

葬儀の深い情報

↑PAGE TOP