• トップ /
  • どのような葬儀にするかが大切

葬儀にかかる費用の平均

どのような葬儀にするかが大切

葬儀の全国平均の費用

日本消費者協会の調査による「葬儀にかかる費用のアンケート」によりますと、全国平均で、2017年度の発表で総額約196万円になっています。そのうち、葬儀そのものにかかる金額が、約121万円、参列者への返礼品や飲食費が30万円、寺院への費用が47万円となっています。葬儀そのものは、社葬のように大きいものから、直葬火葬のように小さいものまで含まれていますから、この金額はあくまでも、お葬式のそのものを行う際の平均の金額です。お葬式にかかる金額は、火葬料やや斎場使用料や祭壇や棺代やドライアイスや骨壷代などのお葬式そのものにかかる費用は、一定ですが、飲食費や返礼品の金額は、参列者が増えたり、減ったりすることで、変わるものがあります。普通、お葬式の見積もりをとると、一式○○万円と書かれていますが、この金額には、返礼品や参列者の飲食費は含まれていません。斎場が葬儀社内でなければ斎場使用料も火葬料金も別という事もあります。お葬式を行う時に葬祭会社から見積りを取ってその中に何と何の費用が含まれているかを確認する必要があります。それと、お葬式のやり方は各地で違う習慣があり、その地域によって大きな差があることも注意しておきましょう。実際にお葬式を行う場合は、日本消費者供協会のアンケート結果は、あくまでも全校平均の数字であることを頭の隅にとどめておきましょう。大切な事は、どのようなお葬式にするかを、お葬式をする前に決めておく事です。

葬儀の深い情報

↑PAGE TOP